タダラフィルの底力 タダライズ(シアリス)でED克服した事例

たった1錠タダライズ(シアリス)を飲むだけ!有効成分タダラフィルが男性不妊を自然な勃起力でサポートします。

タダラフィルの底力 タダライズ(シアリス)でED克服した事例

タダラフィル ジェネリックってどんな薬?

「タダラフィル」とは3大ED治療薬のひとつである「シアリス」の主成分。

「タダラフィル ジェネリック」とは、シアリスの後発薬、つまりは「シアリスジェネリック」のことを指します。

タダラフィル ジェネリック(シアリスジェネリック)が適応する症状は、なんといっても「勃起不全」です。

たった1錠飲むだけで、これまでのプレッシャーから解放されて、安心して気持ちよくなれるのです。
薬の効き目が続いている数時間以内になんとかしなければ!というプレッシャーを感じる必要がありません。

タダラフィル ジェネリックってどんな薬?

なんらかのプレッシャーが原因で、性行為時に十分な勃起を維持できない男性は、意外と多く存在します。心因性のED(勃起不全)です。

若い頃に、女性と裸で向き合うだけで緊張してしまい、いざという時に勃起が維持できないという苦い経験をされた方もいるでしょう。

十分に女性経験を積み、そんなことは一切なかったのに、結婚して、いざ子作りを強要されると、プレッシャーを感じてしまうなどということも、よくある事例です。

ED(勃起不全)に悩む男性は、本当にたくさんいます。
男性は誰しもナイーブな一面があるのです。

他人には知り得ない心の症状は、自ら克服するしかありません。
ひとりで思い巡らせていても、簡単に解決するものでもありません。

タダラフィルの作用はとてもマイルドで、自然に勃起を維持することができます。

陰茎の海綿体平滑筋の緊張を緩め、血の流れがよくなる薬ですので、ペニスの勃起維持ができ、正常に性行為が行えます。

ただし、それは性的刺激があった時に発揮する作用です。
催淫剤のように、性欲を亢進させる薬ではありません。

シアリスジェネリックを飲んだからといって、ずっと勃起しているわけではないのでご安心ください。

薬が効き始めるのは、服用後3時間くらいです。
それも普通に生活している間は、特に股間あたりの変化はありません。

じゃあ、いつそうなるの?
それは然るべき時、性行為におよぶ際に自然と役に勃つのです。

途中で薬がきれて萎えてしまうかも・・・という心配はご無用!
タダラフィルは、長時間にわたり作用するのが特長です。

薬に頼ることは、けっして恥ずかしいことではありません。
だいたい薬を飲んでいることを人に知らせる必要だってないのです。

タダラフィル ジェネリックは、ED(勃起不全)に悩む方のために開発されたのです。
勃起力を改善したい方には、ぜひその効果を1度お試しいただきたいと思います。

タダライズ(タダラフィル)の特長をまとめてみた

タダライズ

タダラフィルとは、薬の成分の一般名で、医薬品の名称ではタダライズなどが代表例としてあげられます。

他にも多様に製品が存在しますが、この項目では具体例として、タダラフィルを主成分としたシアリスジェネリック「タダライズ」の特長を紹介したいと思います。
1.最大36時間の長時間作用
2.食事の影響をうけない
3.副作用が少ない

従来のED治療薬は、服用後5時間程度の短時間作用だったのに対し、タダライズはゆっくり長い効き目なのです。

いい雰囲気になることを前提に、計画的に薬を飲まなければ・・・という心配は必要ありません。

極端な話ですが、金曜日の夜に1錠飲んでおけば、週末は楽しく乗り切れるという優れもの。
「ウィークエンドピル」という別称があるくらいです。

妙なプレッシャーに苛まれることなく週末を楽しく過ごせるということですね。

食事も従来のED治療薬を服用する際には気をつけるべき点でした。
これはそれぞれの主成分が、食事の影響をうけて体内に取り込めなくなってしまうからです。

しかし、タダライズは、その食事の影響問題もクリアしています。
具体的には800kcal程度であれば、食事の影響は受けないので、その前後の服用でも問題ないとのことです。

そもそもED治療薬は血行促進することで、勃起力の改善をする薬です。
服用にともなう頭痛・ほてり・紅潮などは90%以上の方にある副作用とされていました。

国内の治験データがあります。

タダラフィルの副作用による頭痛 約13%、ほてり・紅潮 約9%

タダラフィルを主成分としたED治療薬の副作用が、かなり軽減されているのがわかります。

タダライズ(タダラフィル)の特長をまとめてみた

*タダライズの作用時間を気にして、性行為を焦らなくてもいい!
*タダライズは食事の影響をうけずにカラダに浸透してくれる!
*タダライズを飲んでも副作用の重さを気にすることはない!

服用による不快な気分を感じることなく、パートナーと楽しく過ごせることに期待がもてますね。

パートナーと食事をするのに、お酒もかかせないアイテムですが、
飲酒は影響ないのでしょうか?

そうですね。それも食事同様に、タダライズの効果にはあまり影響がないとされています。

ただし、飲み過ぎはダメです。

アルコールのたくさん飲めば、神経伝達が悪くなるものです。
要するに飲み過ぎは、性的刺激を脳が受けにくくなるんです

それで過去に大きな魚を逃がしてしまった・・・という経験はありませんか?
それは残念ながら、ED治療薬の効果を語る以前の問題のようなので、各自で気をつけましょう。

▼タダライズの購入はコチラ

タダライズを海外通販するその理由とは

タダライズは、インドの有名な製薬会社であるサンライズレメディ社が開発したED(勃起不全)治療薬です。

先発薬は3大ED治療薬であるシアリスで、その後発薬、つまりはシアリスのジェネリック医薬品にあたります。

タダライズを海外通販するその理由とは

ジェネリックは、昨今では日本の厚生労働省でも使用推奨しているので、耳馴染みのなる言葉だとは思いますが、念のためにご説明しましょう。

ジェネリックとは、先に開発された薬(新薬・先発薬・先発医薬品)の特許がきれた後に、それと同じ有効成分・同じ効果でありながら、低価格で購入することができる薬です。
*ジェネリック(Generic)には「一般的な」「ブランドにとらわれない」という意味もあります。

後発薬の製造は、研究費開発費などのコストを下げることができるので、先発薬に比べ薬価を下げることができます。

シアリスのジェネリック医薬品は、日本国内ではまだ販売されていません。
それはシアリスの国際特許期間が満了を迎えておらず、後発薬を開発することができないからです。

ですが、海外ではシアリスジェネリックとして「タダライズ」を始め、複数の後発薬が販売されています。
現在販売されているシアリスジェネリックには、ある共通点があります。
それは製造している国です。

シアリスジェネリックの正規品は、すべて「インド製」なのです。

シアリスジェネリックの正規品は、すべて「インド製」なのです。
インド製以外にシアリスジェネリックが販売されていたら、それは「偽物」です。ご注意ください。(2017年6月現在)

インド医療に関しては国際特許が適用外だった時期があり、既にシアリスジェネリックを何種類も販売しているのです。
現在シアリスジェネリックとして販売されている医薬品は、その時期に開発されたものです。

インドはジェネリック大国。 ED治療薬に限らず、様々なジェネリック医薬品を開発しており、世界中の発展途上国における医療活動にも多大な貢献をしています。

国際的ボランティアでは「インド製のジェネリック医薬品なしでは運営できない」と語られるほど、インドは世界医療に貢献しているのです。

そんな理由で、タダライズを購入したい場合は、「海外通販で入手する」もしくは「海外にいって購入する」しか今のところ方法はありません。

となると、一般的には「海外通販」を選択する方が多くなるでしょう。

海外通販と聞くと、面倒なようにも思いますが、意外にそうでもありません。

ネットの普及により、面倒な海外個人輸入を代行する医薬品の個人輸入代行サイトも多く存在します。
メーカー正規品保証で、医師の診断書・処方せん不要。
買い物手順などを確認して、梱包状態などの写真が掲載されているサイトを選べば、まずは安心でしょう。

ほかにも荷物の追跡検索ができるなどのサービスがあるとか、万が一の時のための問い合わせ先が「日本語対応」であることも大事な確認点です。

悪徳業法と懸念されるサイトもあるため、初めて購入される際には十分にご留意ください。

〔補足〕
日本の厚生労働省が認可していない医薬品は、業者が輸入販売することはできませんが、
適切な量を個人輸入することは薬事法で認められています。

タダライズ通販して、実際に飲んでみた
〔横浜市 K・Nさん(33)〕の話

結婚して3年が経ちました。
妻は子供が大好きで、結婚当初から「早く子供がほしい」と妊活に積極的。
僕も子供は嫌いじゃないので、妻の提示した家族計画に賛同していました。

でも、なかなか妻は妊娠しません。
最初の頃は、仲が良すぎるからだのと冷やかしていた親戚たちも、会うたびに「そろそろなんじゃない?」と妻にプレッシャーをかけている様子。

1年前からかなり真剣になってきて、基礎体温を毎日測っているようです。
排卵日ともなると、僕にもかなりの圧が・・・

妻の気持ちは察しているつもりですが、そういう時に限って思うように勃ちません。
妻はやさしい人です。
そんな情けない僕を責めることはありませんが、僕以上に落ち込んでしまってかける言葉がありません。

僕はまだ33歳です。それに妻は(自慢じゃないけど)申し分のないルックスです。
EDにしては早すぎるでしょ?そう思っていました。
きっと勃たない理由があるとすれば、僕なんです。
今日は排卵日だと聞いた朝は、仕事も可能な限り早めに片付けるように頑張ってウチに帰ります。

そうこうしているうちに「それがストレスになっているんじゃないか」と思い当たりました。
ネットでEDについて調べていると、僕の年齢でも意外に多いのが「心因性のED」だと知りました。

僕だけじゃないんだ、と安心したと同時に、このままじゃいけないと強く思いました。

だけど、ED治療の通院をする勇気がなくて、悩んでいました。
悩んでいても、EDは治りません。
調べているうちに、ED治療薬が通販で購入できることを知りました。

国内で未承認のジェネリック医薬品も、個人輸入であれば合法的に入手できると知りました。
ED治療薬は1錠あたりの単価が1,500円前後でめちゃくちゃ高い!というのも、悩みどころだったのです。

シアリスのいくら効き目が長いといっても、最大36時間。
勃起が維持して、無事行為ができたとしても、すぐに妻が妊娠するとは限らないからです。
結構な出費を覚悟しなければなりません。

が、しかし。シアリスジェネリックであるタダライズであれば、1錠あたり200円!
これが決め手でした。
もし万が一効き目がなかったとしても、諦められる値段だと思い、思い切って購入してみました。

効果はすぐに出ました!
単純かもしれませんが、タダライズを飲んだことで、へんなプレッシャーもなくなったみたいです。
今となっては、悩んでいた時間がバカらしい。
妻もとても喜んでくれています。

子作りに熱中するあまり、知らず知らずのうちに、お互いの気持ちがギスギスしていたのかもしれませんね。

ED治療薬を使って妊活しても、胎児には影響がないそうなので、安心して活用しています。

肝心の子供はまだ授かっていませんが、それも近いうちに授かるんじゃないでしょうか。
そんな前向きな気持ちで、はりきって妊活中です。

〔2017年6月19日記述〕

▼タダライズの購入はコチラ

タダラフィルがどんな成分なのか、もっと知っておきたい!

「バイアグラ」「レビトラ」が即効性のあるED治療薬とすると、タダラフィルを有効成分とする「シアリス」は少し効果が異なります。

バイアグラやレビトラが1時間以内に浸透するのに対し、シアリスは平均3時間と考えてください。
タダラフィルは服用後、身体にゆっくりと浸透していきます。

即効性はありませんが、その分、ED治療薬の欠点とされていた「食事の影響を受けやすい」デメリットがなく、食事の有無にかかわらず服用することが可能なのがタダラフィルの特長のひとつです。

タダラフィルは、他の2つに比べ、作用時間もまったく異なります。
バイアグラの有効成分は「シルデナフィル」、レビトラの有効成分は「パルデナフィル」です。

この2つの有効成分は、短時間でしっかり効くタイプのED治療薬となります。

タダラフィルは、最長36時間も作用するのです。

タダラフィル成分配合のED治療薬(シアリス、シアリスジェネリック)が、別称「ウィークエンドピル」と呼ばれる所以です。

ED治療薬は、勃起不全の原因でもある酵素PDE5(ホスホジエステラーゼタイプ5)を阻害して、陰茎周辺部の血流をよくする作用があります。

血管の拡張を促すため、頭痛やほてり、潮紅、鼻づまりなどの副作用が出やすいのですが、タダラフィルは成分が身体にゆっくり浸透するため、副作用も比較的少ないようです。

国内の治験データでは、タダラフィル服用による副作用のうち、頭痛をおこした方の割合が13%、ほてり・潮紅が約9%だったという結果も報告されています。

服用する際は、定められた服用量を超えて飲まないことも大切です。
たくさん飲めばよく効くというものでもありません。

「勃起力を維持する」という効果効能から、勘違いされやすいのですが、タダラフィルは催淫剤や性欲増進剤ではありません。

あくまでも、勃起機能改善のための治療薬です。
正しく適切な量を、用法を守って服用しましょう。

心臓や心血管系の疾患に不安のある方は、ED治療の前にそちらの状態に注意が必要です。

性行為自体、心臓や脳血管の負担になることです。
性行為自体が危険と判断される状態では、当然ED治療薬の使用はできません。

ニトログリセリンやイソソルビドなどとの併用は、降圧作用が増強するため、併用禁忌となっています。
その他にも併用禁忌・併用注意の成分がありますので、投与中の薬がある方は必ず確認の上、購入しましょう。

▼タダラフィルの医薬品情報詳細はコチラ

タダラフィルに限ったことではありませんが、医薬品と各個人の相性というものもあります。
身体にあわないと感じた場合は、直ちに服用を中止して、かかりつけの医師に相談しましょう。

タダラフィルが主成分の薬は他にもありますか?

タダラフィルは、PDE5阻害薬であり、日本では主にED治療薬として用いられています。

勃起不全(ED)改善の医薬品で最も有名なのが「シアリス」 (先の項目で紹介したタダライズの先発薬にあたります。)

タダラフィルは、肺動脈性肺高血圧症の治療では「アドシルカ」、前立腺肥大の排尿障害では「ザルティア」という名称で医薬品が販売されています。

勃起不全(ED)治療薬として、シアリスが日本イーライリリー社から販売されたのが2007年。
(2009年より日本新薬社へ販売移管。イーライリリー社が製造、日本新薬が販売している。)

その後、日本新薬社が2009年に肺動脈性肺高血圧症の治療薬として、タダラフィルを主成分とする「アドシルカ」の販売を開始しました。

2011年、アメリカの研究に基づき、シアリスが勃起不全に加え、前立腺肥大症に有効であるとので、適応が追加されました。
それをうけ、2014年前立腺肥大症の排尿障害の治療薬として「ザルディア」が認可されました。

規格・コーティング・商品名が違うだけで、実は同じ効果効能のある薬です。
前立腺肥大症治療として、タダラフィルを処方された場合、保険適用となるという衝撃的な事実があります。

ご承知のとおり、日本の保険制度では、勃起不全としての用法では、保険適用外の自由診療となります。

もしかすると、前立腺肥大症として処方してもらえば、健康保険適用でタダラフィルが手に入るのでは?と考えた人もあるようですが、そう甘くもありません。

医薬品の使用目的や方法に不正があった場合は、万が一、重篤な副作用があっても救済制度は不適用となります。

ではこの先、同じタダラフィル成分だからシアリスも保険適用になるのか?ということでもありません。
残念ながら、この先も保険適用外です。

仮にいろいろ手を回して(?)ザルティアをED治療薬として服用することにしたとしましょう。
ザルティアは大きくても5mgの規格なので、勃起不全の効能を得るには(シアリスは20mgなので)単純計算で5mg×4錠も服用しなければなりません。

なんだか面倒くさいことになってしまいますね。

結局のところ、タダラフィルでED治療をしたいのならば、通院して医師に処方してもらうか、個人輸入で通販するかの2択となるようです。

近頃では、非正規品のED治療薬を処方する悪質なクリニックも存在するようです。
ネット通販にも偽物が出回っているという注意喚起があります。

通院をするにせよ、通販をするにせよ、よく見比べて信頼度の高いところを選びましょう。

タダライズ